Taseteful Days

アクセスカウンタ

zoom RSS ほろ酔いナイトクルージング

<<   作成日時 : 2008/11/22 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像







先日、もらった優待券を使い、横浜港のレストラン船「ロイヤルウィング」で初めてナイトクルージングを楽しみました。大さん橋から見た、みなとみらいエリアの夜景に…しばし、うっとり。


19:40に出航。食事は、飲茶コースにウイスキーが飲めるフリードリンクAをつけました。
メニューには「竹鶴17年」や横浜限定の「ザ・横濱」のウイスキーの名があり、すかざす「これも飲めるの?」と聞いたところ、フリードリンク用のウイスキーは別とのこと。そうだろうなぁ〜。

船はゆっくりと岸壁を離れ、ベイブリッジの方向に向かいます。
と同時に、さっき見た夜景が次第に遠く離れていきました。

さて、ビールで始めたフリードリンクは、ふかひれスープを味わいながら、次は例のウイスキーをダブル水割りでお願いしました。
口に含むと…う〜ん、モルトが少ないブレンデッドです。フルーティーさに欠けています。ああ、美味しくない。
やはり、単品で頼むべきだったかなぁ。

そして、船はいよいよベイブリッジの直下に。普段では見ることができないビューポイントです。
ウイスキーに続いて、ワインを飲みながら見上げていました。
料理は、飲茶数点にチャーハン、春巻き、から揚げなどが出てきました。
う〜ん、味の印象は可もなく不可もなくといったところ。
それよりも、サーブする方たちの洗練されていない所作が目に付いて、ちょっと残念でした。

その後、船は折り返し地点に着いたのか、旋回開始。窓からの夜景が船を軸に回転移動していくようなイメージでした。
飲み物は、ワインをおかわりし、また仕方なく例のウイスキーをオーダーした時、室内ではピアノとフルートの生演奏が始まりました。しかし、窓側両サイドのテーブルしか客がいないため、拍手もまばら。たしかに、演奏もうっとりするほどのレベルではありませんでしたが…。

そして、またベイブリッジをくぐって大さん橋に戻ったのが、21:30。
1時間50分のクルージングは終了しました。

レストランの感想は「まあ、あんなもの」でしたが、船で見る港ヨコハマの夜景は素晴らしくキレイで思わず、〜街の灯りがとても綺麗ね、ヨコハマ♪とくちずさんでしまいました。
それにしても、この非日常体験は、クルージング乗船料は2,400円(ティークルーズは2,000円)。これに食事は別料金(3,500円〜)です。もちろん、飲み物も。今回、優待券利用で乗船料が300円でしたが、そうちょくちょく利用できるものではありませんね。

ということで、フリードリンクで酔いが回った足で関内駅まで歩き、JRを乗り継ぎ、日付が変わる頃帰宅しました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほろ酔いナイトクルージング Taseteful Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる