Taseteful Days

アクセスカウンタ

zoom RSS The National Treasure ASHURA

<<   作成日時 : 2009/05/17 16:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像




















今日は一日雨との予報を聞き、それならばと思い、上野に向かいました。

公園を横切り、着いたのは東京国立博物館。開館までにはまだ一時間近くありましたが、すでに数十人の行列ができていました。みんなが待っているのは…そうです、「阿修羅展」。先日、50万人達成という記録的な来場者で盛り上がっている展覧会ですが、こんな悪天候であれば多少なりとも、余裕を持って観ることができるのではないかと思い、朝から出かけました。

そして、いよいよ開館。途中の展示物や仏像には目もくれず、阿修羅像へまっしぐら。かぶりつきでじっくりその姿を360°からくまなく観ることができました。小学校の修学旅行で奈良に行ったものの、興福寺には行きませんでしたから、実物を観るのは初めてでした。
それにしても、あの正面の顔の表情は観る人の心の状況によって、趣を変えるような印象です。そして、1300年もの時の流れに思いを馳せ、その浪漫にどっぷりとつかりました。もう、二度とこの像を観ることがないかもしれないという、まさに一期一会の気持ちで。

しばらくすると、移動しながら観てくださいというようなアナウンスが始まり、その時はもう大変な人、人、人…。そこで、まだ人の姿もまばらな第二会場にすぐに移り、四天王像などひとつひとつを間近で観ました。
そして、また第一会場に戻ると、エエエッ!とんでもない人の数…ガラスの向こうの中のものはとても観ることができない状況となっていました。もちろん、八部衆像や十大弟子像にも人だかりができていました。そして、再び阿修羅像を見ようとしましたが…とても近づけず、周囲を見ると双眼鏡を使って見る人もちらほら。昨年の薬師寺展もこの場所で日光、月光の両菩薩を観ましたが、あのとき以上の人でしたね。

会場を出る時も相変わらず多くの人が順番を待っていました。そして、外に出て、ふと振り返ると「入場制限中 40分待ち」の案内。みなさん、お疲れ様です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんんばんは。

阿修羅展、素晴らしいですよね。
私も4月末に行きましたけど凄い人でした。
阿修羅像は言うまでもありませんが、八部衆像や十大弟子像も心を揺さぶるような迫力がありましたよね。
八部衆像の迦楼羅像、沙羯羅像、十大弟子像の富楼那像が特に印象的でした。
宇助坊さんはどの像が印象に残っていますか?
更紗
2009/05/17 21:11
こんばんは。

私もやはり、迦楼羅像ですね。あの横向きの恐ろしい顔は印象的です。そして、ガルーダの語源となったという話を聞き、一層興味を持ちました。
宇助坊
2009/05/19 01:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
The National Treasure ASHURA Taseteful Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる