Taseteful Days

アクセスカウンタ

zoom RSS もっと早かったなら歴史は変わっていたかも

<<   作成日時 : 2009/12/01 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のニュースで、「やっとかぁ…」という言葉が思わず出ました。


それは、沖縄返還に絡む日米間の「密約」について今日、元外務省のアメリカ局長の吉野文六さんが東京地裁で証言したことです。
この密約内容は、日本に沖縄が返還された際、本来アメリカが支払うべき原状回復のための高額な費用を、日本が肩代わりするというものです。その背景にはベトナム戦争で疲弊したアメリカ経済があったわけですが、長い間日本のトップや関係者は「密約はなかった」という言葉を引き継ぎ事項としてきたわけです。
ところが、数年前この密約についてアメリカで公になり、もはや隠せない状況となりました。それでも、当時の為政者は「密約はなかったと信じている」などと曖昧な表現で逃げていました。

すでに何度か山崎豊子さんの『運命の人』について、このブログでも書いてきましたが、この著書の主人公のモデルであり、まさにこの「密約」のために人生を狂わされた元毎日新聞記者の西山太吉さんはどのように思っているのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もっと早かったなら歴史は変わっていたかも Taseteful Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる