旧銀座アパートメント

画像


今日は、銀座に現存する昭和初期に建築された奥野ビルに行ってきました。スクラッチタイルの外観を一目見て、「これは、古い!」と思わずうなってしまうほどの建造物でした。

ここは、調べてみると昔「銀座アパートメント」という名で、アーティストが多く住んだようです。竣工当時、珍しい昇降機(エレベータですね)が備えられ、地下には男女別の浴場もあったそうです。

中に入ってみると…
エントランスを真っ直ぐに見たところ。右奥に見えるのはトイレのドアです。
画像



この昇降機、なんとドアの向こうに手動の扉(黄色)があります。昔のフランス映画みたいですね。そして、上部に掲げられたアナログ式の階数表示!待つのが楽しくなります。
画像


狭い通路にはパンフレットなどが貼られ、画廊などが並んでいます。
画像


階段回りも歴史を感じますね。
画像


私が一番気に入ったのは、エントランス付近の内装で使われたタイル。渋い色調で落ち着いた雰囲気を醸し出していました。
画像



ここの場所は…


築後75年のビル。住む人々のさまざまな人間模様を見てきたことでしょう。今では画廊などの店などが入居しており、ここに住んでいる人はいないのでは…と思いますが、昭和という激動の時代を生きてきた歴史の証人のような趣がありました。

実はこのビルに行く前に、ニコン銀座ショールームの2Fに寄り、クリーニングが完了した愛機を引き取ったばかりでした。久しぶりにデジタル一眼レフに触れました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック