30年前のライブテープ

画像


以前、大量に持っていたカセットテープはそのほとんどを処分してしまっています。
しかし、机の引き出しにしまっておいた記念のテープのひとつを今日、久しぶりに聴いてみました。


マクセルUDのテープに私の下手な字で記された日付は、「1977.9.25.」。高校の文化祭「菊里祭」に有志として、友人のR君と二人で演奏した時の模様です。
この時は、前半「NSP」と後半「かぐや姫」という組み合わせでした。

曲目は以下の通り。

「お休みの風景」
「春はもうすぐ」
「17才の詩」
「おはじき」
「君と歩いてみたくて」
「昨日からの逃げ道」
「さようなら」
(以上、NSP)

「雪が降る日に」
「星降る夜」
「置手紙」
「あの人の手紙」
「神田川」
(以上、かぐや姫)

聴きながら、あの時の様子が、つい昨日のように思い出されました。
自分の稚拙なギターテクニックと歌に、思わず笑ってしまいましたが、それでもあの時は真剣にやっていたんですよねぇ。それに比べてR君のハモリやリードギターは、今聴いても素晴らしい!
それにしても、当時の私のギターS.Yairi YD-304は見事にいい音で残っていました。
初期の陽水が使っていた”名器”です。あの憧れのギターを買うために、友人の家が経営する園芸肥料会社(現:花ごころ)でアルバイトし、千円札ばかりで8万円を貯めたことが思い出されました。

テープのB面には、場所をライブハウスのような雰囲気にした教室に移し、引き続きR君と演奏した数曲が残っていました。

「おちばは夏の忘れ物」(NSP)
「今はもう誰も」(アリス)
「雨降り道玄坂」(ふきのとう)

へえ~、こんな曲をやったんだぁ、と懐かしく思いました。
30年前の音声がしっかりと残っていたことは、とても恥ずかしいと思う反面、勉強はしなかったけど、確かに高校時代を謳歌していた自分がいたことの証しとなっています。

この記事へのコメント

2008年03月24日 14:27
 いいねぇ、若いですね 青春してますね。77年といえば 私も大学入学のため九州の田舎から京都へ行った年。同じくヤイリのギターケースを大事にかかえて 電車を乗り継ぎました。早、30年の歳月 今では老後の不安を嫌がオウにもかかえて日々食いつないでいます(爆)。
いし地蔵
2008年03月24日 20:25
私も大学の時のライブのテープを持っていますが,聞いてみる気になれません.ちょっとコワくて..
宇助坊
2008年03月25日 22:32
茅さん、こんばんは。
そうですねぇ、老後の不安。
私はそこに至る過程も、不安だらけです。

また、明日、じんじんで楽しんできてくださいね。私は仕事の都合で行けません…残念。
宇助坊
2008年03月25日 22:38
先生、こんばんは。
そうですか、大学時代のテープがありますか。
確かに、玉手箱のようなものですね。
ところで、ローラー台から下ろされましたか?お花見ツーリングもいいですね。
いし地蔵
2008年03月26日 22:53
バイクはまだローラー台です.FM聞けるようにしてより快適になってしまいました.タイヤ交換も面倒だし,当分このまま?..というわけでもないのですが,なかなか乗る時間がとれそうにありません.
宇助坊
2008年03月27日 02:38
さすが、先生。快適な環境をつくられているのですね。
であれば、いっそのこと、ローラー台でヒルクライムのトレーニングですね。重いギヤで負荷をかけて。
本番まで、あと二ヶ月ですね。ワクワクしてきました。

この記事へのトラックバック