城山さんを偲んで

先週土曜日は神奈川近代文学館に出かけ、終了が近い『城山三郎展』を見てきました。


画像
















画像



















今まで、城山さんに関するこのような展示会は見たことがありませんでしたが、意外に(?)盛り沢山のコンテンツに驚きました。
名古屋の実家である老舗インテリア会社・杉屋工芸についても紹介されており、以前その業界に身を置いていた私にとっては大変興味深い内容でした。

それにしても、きれいな文字で丁寧に書かれた日記帳には驚きました。
そして、旅先で書いたスケッチに水彩を施した絵にも。

つくづく城山さんの才能は多方面に及ぶことを知りましたが、私もかくありたいと及ばずながらも精進しなければ、と思った日でした。


港の見える公園のバラ園入り口

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック