Taseteful Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 島唄

<<   作成日時 : 2008/06/23 01:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、6月23日は「沖縄慰霊の日」です。

63年前の昭和20年の今日、摩文仁における沖縄守備軍司令官・牛島中将の自決により、沖縄戦は事実上終結しました。この戦いは当時の軍部が本土防衛・国体維持の時間稼ぎとし、沖縄を「捨て石」としたものでした。しかも、この時、戦争に直接関係のない県民の多くを巻き添えにしました。

私はこの悲惨な戦いを、小六の時、東宝映画「沖縄決戦」を見て知り、「6・23」は忘れられない日となりました。翌年、社会科の自由課題発表で私はこの事実をテーマにし、クラスメイトのたぶん誰もが関心を持たなかったであろう戦争というものについて、その無益さと平和の尊さを訴えた記憶があります。

戦後、沖縄は昭和47年に返還されるまで、アメリカに「占領」されました。その後も米軍基地は存続し、さまざまな問題を今なお抱えている現実を考えると、もともと琉球王国だったこの国は歴史的に見て、日本によって翻弄され続けたといっても過言ではないと思います。沖縄といえば、リゾート地としか連想しない方々に、少しだけでも沖縄の苦難の歴史を学んでもらいたいと思います。

その糸口のひとつになるのは、宮沢和史さんがつくった「島唄」。沖縄に対する万感の思いを込めて言葉をつないだあの詞の真に意味するところに、思いを馳せてほしいと願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
島唄 Taseteful Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる