Taseteful Days

アクセスカウンタ

zoom RSS “可能性”なのか“恐れ”なのか?

<<   作成日時 : 2009/01/08 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

明日の関東は、雪の予報です。


今朝、出勤途中にNHK総合テレビをラジオで聞いた時、「明日は雪が降る“恐れ”があります」と気象予報を伝えていました。この時に、「?」と思いました。普段、天気予報(少なくともNHKでは)で雨の場合は、「“可能性”があります」と言っています。それが、なぜ雪なら“恐れ”なのか?

若い頃、上司から「悪いことが予想される場合は“恐れ”と表現するんだ。何でも“可能性”で済ませるな。」と注意されたことがありました。あれから、私は“可能性”と“恐れ”の表現を使い分けるよう、気をつけています。
だから、NHKの天気予報で雨は“可能性”で、雪は“恐れ”なのかが、気になるんです。

雪を期待するのは、出勤に関係のない子どもくらいでしょうか、ねぇ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
その人の気持ちが表れるのかな〜と思いました。
 デジタル的に”確率は・・・”というのはどうでしょうか。雪が嫌いな人は”恐れ”、雪が降っても困らないし、降った方がいいかなと思う人は”可能性”。
 ”雨または雪””雪または雨”もどうでしょう、う〜ん、はっきりしてよって。
 言葉はちょっとした使い方で良くも悪くもなりますね、私も気をつけたいと思います。 
 
おかん
2009/01/09 20:09
おかんさん、こんばんは。
私は言葉遣いを考える時、やはりNHKでの用法が身近な基本と思っています。
でも、このところおかしな表現をするアナウンサーが増えてきて、その基本も揺らぎがちです。
…言葉は知性の表れ。奥が深いですね。
宇助坊
2009/01/10 20:06
何気ない言葉の中にもうっかりすると違った意味をもってる場合もありますが、この天気の雪の予報については気にもしませんでした。

宇助坊さんが若い頃上司の方にこの言葉の違いについて注意されたというお話ですが、最近ではこのように注意してくれる人も少ないのではないかと思います。

言葉は時代の流れの中にあって生きてこそ言葉だと思うのですが、全く出鱈目な会話ばかりが聞こえてきます。

boumama
2009/01/11 12:33
boumamaさん、こんばんは。
先日はご馳走様でした。

おっしゃるとおり、私が注意してもらえたのはラッキーだったのかもしれませんね。
出来の悪い私は、いろいろな方に教えていただいたおかげで今の自分があると思っています。
それにしても、目茶苦茶な言葉遣いに遭遇し辟易する日々。きっと、上大岡のお店でも想像以上の珍事が発生しているでしょうね。
宇助坊
2009/01/11 23:09
「可能性」は悪いことには使わず、「恐れ」を使う訳ですから、雪を悪いことととらえている訳ですが、気象の場合、被害が出る恐れが基準なのではないでしょうか。雨でも、大雨なら「恐れ」かもしれません。都会の雪は、少しでも転倒等の被害が必ず出ますよね。私も雪は大好きなので、気持ちは「可能性」です。でも、様々な被害を考えると、NHKとしては「恐れ」が適切だと判断したのだと思います。
おはようございます!
2009/08/01 08:24
「可能性」は状況を、「恐れ」は心理状態を表す言葉。では「恐れ」誰の心理かというと、気象予報官の心情と受けとっています。津波の場合は「心配はありません」と表現しています。これは、「気象庁は心配はしていません」と受けとっています。
皮肉なことを言うと「心配センサー」や「恐れセンサー」で各地の人の心理状態を集めて、報道しているのか、といいたくなります。
気象情報としての言葉としてはこれらの表現は聞いていてどうにもスッキリしません。
ユーチャン
2009/08/15 12:07
少し本題から逸れますが、本日の民放の天気予報で「明日は雨の心配はないでしょう」と言っていました。
ここでの「心配」は誰の心のことかな〜。
聞いている人?・・予報をしている人?・・。どちらにしてもおかしいですよね、天気予報なのですから天気を予報してもらいたいです。
「恐れがあります」については、1回の予報の中で7回も言う予報官がいたのには恐れ入りました。心理(これは主観であり人によってマチマチ)の予報ではなく、可能性が高いのか低いのかを予報してもらいたいね。
恐れ入りの輔
2009/10/13 22:00
私が聞いたところによると、恐れではなく
虞と書くのだよと教わりました。
年配の方でしたが。何々する可能性があったという意味だそうです。常用漢字では改訂されて恐れでも良いのですかね。
次郎
2010/12/10 16:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
“可能性”なのか“恐れ”なのか? Taseteful Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる