Taseteful Days

アクセスカウンタ

zoom RSS 空蝉

<<   作成日時 : 2009/08/20 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

このところそよぐ風に秋を感じますね。と言いながらも、突然またあの暑さが戻ってくるような気もします。



休暇が明けた私の勤務先では、相変わらず恐ろしいほどうるさい蝉時雨ですが、それもそのはずというような情景をご紹介します。

まず、一枚の葉っぱの表と裏にしっかりとつかまった抜け殻を発見しました。
同時に羽化したとは思えませんが、どこかカップルのような雰囲気が漂いますね。

画像




















次にユリの花で羽化した跡を発見しました。
画像















そして、たぶん朝の“羽化タイム”に遅れたアブラゼミです。
まだ羽が青いですね。
夕方に飛び立っていました。
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは。

 私の俳句の先生の作品に

 ”空蝉に生の彩り残りをり”というのがあります。
 
 すてきでしょ。私と言えば・・・

 ”五十歳あれこれ悩む夜の秋”いかがですか?
おかん
2009/08/20 23:32
盆休み明けの一週間、お仕事お疲れ様でした。
いや〜、長く感じた一週間でした。

今年は本当に「蝉の抜け殻」を良く目にします。
蝉の当り年だったのでしょうか?

おかんさんを真似て私も一句
「蝉時雨、高き空にはいわし雲」
何となく今日の空は、秋を感じました。

それでは、良い週末を!
亥湖庵
2009/08/21 18:41
亥湖庵さん、はじめまして。
俳句は17文字並べればとりあえずできてしまいますが決まり事が少しあります。亥湖庵さんの場合、蝉時雨が夏の季語、いわし雲が秋の季語になります。秋の蝉という秋の季語がありますので、少し換えますと・・・

 秋の蝉高き空には旅の雲 (自信はないのですが)

 作句していただきとてもうれしいです。これからもよろしくお願いします。 
おかん
2009/08/21 20:40
おかんさん、亥湖庵さんコメントありがとうございます。

俳句談義に花が咲きましたね。
このブログがそういう場にもなりうることをうれしく思います。
「第二文学」とも言われた俳句ですが、端的に心情を表す方法として、洗練された言葉を駆使することはとても素晴らしいことと思います。

そういう自分は今夜、新橋・落陽で明後日に向けて“リハーサル”をしてきました
宇助坊
2009/08/22 02:20
>おかんさんへ
季語をごっちゃにしてはいけない
決まりがあるのですね。
いやぁ、無知でした。お恥かしい!
日本の文化をもっと勉強しなくては
いけませんね。

「秋の蝉高き空には旅の雲」
綺麗です。いわし雲がゆっくりと流れて
行く情景が浮かびます。
もう、おかんさんを師匠と呼ばなくては!


>う〜さんへ
ご覧の通り、おかんさんを一方的に
俳句の師匠と決めました。
季語をごっちゃにしたことは
内緒でお願いします。

さて、落陽でのリハーサルは、上々の
出来だった事と推測いたします・・・
それのしても、更新の時間が気になります。
中年オヤジは、早寝しないといけませんよ〜

亥湖庵
2009/08/22 18:44
 いよいよ、本番ですね。おおいに楽しんで来てください。見に行かれないのが 本当に残念です。今日の様子がまたここで見られるのを 心待ちにしています。
 では ご健闘祈ります。
茅パパ
2009/08/23 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
空蝉 Taseteful Days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる